logo
  
                 
  
お問い合わせ

BGEのZEBサービス

BGEのZEBサービス

弊社は、既存建築物のZEB化改修において
多くの実績があり、高い技術力で、築50年で、
4,000㎡の既存建築物の
『ZEB』化プランニングなど、
ZEB化が難しいと言われている建物の
ZEBプランニングを手掛けてきました。
新築、既築に関わらず、
お気軽にお問い合わせください。

ZEB化可能性調査 1

既存建物の調査を行い、ZEB化実現までの具体的な方法を提案いたします。

■ZEB化可能性調査の実施内容

① 現地調査
② ZEB化のための具体的手法(設備更新の内容等)をご提案
③ BELS申請のためのエネルギー消費量の計算
④ 設備配置図の作成
⑤ ZEB化に必要な概算費用の算出
⑥ ZEB化実現までのスケジュール案の作成

ZEB化可能性調査

ZEB設計のご提案・助言 2

詳細設計を実施する事業者様に、ZEB化実現のためのご提案や助言を行います。
設計業者が決まっていない場合は、弊社から紹介することも可能です。

ZEB設計のご提案・助言

補助事業の支援 3

補助金の申請から完了報告までを一括して支援いたします。

■補助支援の実施内容

① 補助金の申請や完了報告に必要な書類の作成
② 補助事業執行団体による完成検査や質問の回答などを支援
③ 施工業者に補助事業について説明(工事写真の撮り方や必要な書類についてなど)
④ 補助事業完了後の実績報告

※事業完了後3年間は、補助事業執行団体に、実施事業のCO2削減効果を報告する必要があります。

補助事業の支援

ZEB認証の申請代行 4

ZEBの認証手続き(BELS)申請の代行も可能です。

ZEB認証の申請代行

BEMSの設計 5

ZEB導入後は、設備運用の最適化により、更なるCO2削減を目指します。
運用最適化を図るためには、エネルギー使用量の把握が欠かせません。
Building Energy Management System(BEMS)は、運用最適化につながるエネルギーデータを、詳細に計測します。
弊社は、これらのデータを分析し、運用最適化のための助言を行っています。

BEMSは、設備運用の自動化を図ることも可能です。
スケジュール運転や需要、電力デマンドに応じた設備設定の変更を自動で行うことができます。
弊社では、手掛けたZEBにはすべてBEMSを導入しています。
ZEB向けのBEMSの導入のための提案、設計、運用時のデータ収集、分析を一元的に行うことができます。

BEMSの設計

各種シミュレーション 6

各種シミュレーションソフトを用いて、照度や室内環境が最適となる設備設計や省エネ効果のシミュレーションを行うことができます。

ZEBでは、建物の設備の数や能力を減らすことで、達成しやすくなります。
一方、設備の数や能力が減る事務室では照度が足りなくなったり、快適性が下がったりして、建物の実用性に問題が出ることがあります。弊社では、そのような問題を避けるため、照度や快適性が求められる建物は照度、温度、湿度をシミュレーションして、最適な設備を提案します。

各種シミュレーション

■シミュレーション例

①図書館のZEB事例で、温度、湿度の快適性の維持をコンピューターシミュレーションで検証しました。
具体的にはBESTプログラム(建築環境・省エネルギー機構)を活用し、空調環境の連成計算(設備システムとの平衡状態を詳細に解くエネルギー消費量計算)を行うことで、1年間8760時間で、温度20~28℃、湿度40~60%RHを維持できることを確認しました。

②事務所の例では、昼間の日射の差し込み具合やエネルギー使用量を、SketchUp(Trimble)を用いて、建物3Dモデルからシミュレーションしました。建物3Dモデル用いたエネルギー使用量シミュレーションは、設計当初の設備アイディアによる効果を可視化することに向いています。

■使用するプログラム例

各種シミュレーション
各種シミュレーション